■□スプリングS 考察■


今週日曜日の中山競馬メイン競走は、これまで数多くの名馬を輩出してきている名物レース、


第66回 フジテレビ賞スプリングステークス


昨年の出走馬の中からはクラシックでの上位入線馬が出なかったものの、一昨年の優勝馬キタサンブラックは菊花賞を制し、2着のリアルスティールは皐月賞と菊花賞で2着。

2013年の優勝馬ロゴタイプは皐月賞を勝ち、2012年の2着馬ディープブリランテは日本ダービー馬に輝きました。

クラシックで上位を争うであろう馬たちが登場してくる注目の一戦で、今年も大物誕生なるか、楽しみなレースです。

さっそく、今年の出走登録を見てみましょう!

現時点での出走登録は下記14頭です。


・アウトライアーズ 56.0
・ウインブライト 56.0
・エトルディーニュ 56.0
・オールザゴー 56.0
・サウンドテーブル 56.0
・サトノアレス 56.0
・サンライズノヴァ 56.0
・ストロングレヴィル 56.0
・ダイシンクイント 56.0
・ダノンケンリュウ 56.0
・トリコロールブルー 56.0
・ナイルストーリー 56.0
・プラチナヴォイス 56.0
・モンドキャンノ 56.0




◆注目馬1 モンドキャンノ


私の注目はデビューからまだ連を外していないモンドキャンノ。

1,200mから始まり、前走はマイルと徐々に距離を伸ばしてきており、適正面を見ているという印象。

気性面は落ち着いているとは言えない馬で、熱くなる部分もしばしば見受けられ、マイル以上の距離は折り合い的にどうかと心配されていたが、一冬超えて落ち着きも出てきている。

展開に注文がつきやすそうなイメージがあるので、当日の落ち着き具合や、ライバルであるサトノアレスの動きなどにも影響を受けそうな感はある。



◆注目馬2 サトノアレス


昨年大ブレークしたサトノ軍団が送り出す一頭、エリート馬のサトノアレスも注目。

中山1,800mで未勝利を勝ち、距離・コースは問題ないと見ている。

能力的にも段違いではあるものの、この馬は未だに主戦騎手が決まっていないところが不安要素でもある。

馬が強い分、誰が乗っても勝てそうなものだが、クラシックへ出るならばそろそろ主戦を決めたいところだ。

今回は初騎乗の戸崎騎手に替わるが、これはかなりの鞍上強化なので心配はなさそう。

・参考 朝日杯FS





※競馬で飯を食っていく方法をたくさんの人に広めるために、各ブログランキング参加中です!お立ち寄りの際は下記リンクをポチッとお願いします♪
今後も応援よろしくお願いします。('◇')ゞ


競馬・データ理論 ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬情報へ
にほんブログ村




《 お知らせ 》

アナタにとって、有益な商材や情報は、インフォトップを使って賢くお買い物♪
まずは下記から簡単お買い物動画をご覧ください。


↓  ↓  ↓  ↓  ↓





【ブログ閲覧者様へお知らせ】

当ブログにメルマガ登録すると、不定期ではありますが「中央競馬 高確激走馬情報」を無料でお届けします(^^)
いろいろ参考にして頂きたいですし、私自身も競馬ファンである皆様と少しでも有益なやり取りが出来ると勉強になりますし、嬉しいです♪
もしメルマガ配信をご希望の場合は、下記フォームに配信を希望するメールアドレスをご入力し、メルマガ登録をお願いします。
もちろん無料です!

また今後は独自の無料競馬レポートやマニュアル等のプレゼントのご用意も考えております!
作成完了の際にはメルマガ、ブログで発表させて頂きますね(^^)v
メルマガ登録・解除 [ ID:005755 ]
登録  解除     読者規約
powered by 競馬TV